一覧

 下記資料を発行しております。入手希望の方は下記にご連絡下さい。

  申し込み先:
   *迷惑メール防止のため,メールアドレスは画像転記しています。

『中国農村における持続可能な地域づくり−中国西部学術ネットワークからの報告―』
『国際化時代と「地域農・林業」の再構築』
『中国農村の貧困克服と環境再生―寧夏回族自治区からの報告』
『島根・寧夏学術交流の20年』
『20年学術交往―中国寧夏大学和日本島根大学的合作交流(中国語版)』
『東アジアにおける農村の発展と環境』 
  *クリックするとページ内リンクにジャンプします。



『中国農村における持続可能な地域づくり−中国西部学術ネットワークからの報告―』

島根大学・寧夏大学国際共同研究所 編著,2017年4月


 当研究所の日中国際共同研究の成果をまとめた図書の第2集。共同研究のスタンスは、技術開発・政策・教育を通じた現状改善、持続可能なあり方を志向し、研究の範囲、対象地域、メンバーも拡大している。中国の急速な発展の中で、そのひずみが集中する西部の条件不利地域・貧困地域の発展に資する研究成果を集めた1冊。
目次はこちら

上に戻る


『国際化時代と「地域農・林業」の再構築』

井口隆史 編著,日本林業調査会,2009年12月


 いわゆる経済のグローバル化を推進してきた考え方が否定されようとしている。今後の地域農林業、農山村のあり方を考えるとき、それぞれの地域条件を前提にしながらも、どのような方向が模索されるべきであろうか。
 

目次はこちら

上に戻る


『中国農村の貧困克服と環境再生―寧夏回族自治区からの報告』

保母武彦・陳育寧 編,花伝社,2008年4月


 経済的豊かさと環境はどう折り合うのか。中国で最も貧しい地域=寧夏において、脱貧困、緑化のための今世紀最大の世界的実験が始まった。回族出身の一人の女子留学生から始まった、20年にわたる日中学術交流の成果。

目次はこちら

上に戻る


『島根・寧夏学術交流の20年』

保母武彦・陳育寧 編著,島根大学・寧夏大学国際共同研究所,2008年4月


 島根と寧夏の研究者間の学術交流が始まってから20年。私たちが進めてきた国際共同研究の意義とその重要性を多くの人と共有したいと出版した、関係者の回顧録。

目次はこちら

上に戻る


『20年学術交往―中国寧夏大学和日本島根大学的合作交流(中国語版)』

陳育寧・保母武彦 編著,寧夏人民出版社,2007年10月


 『中国農村の貧困克服と環境再生―寧夏回族自治区からの報告』と『島根・寧夏学術交流の20年』の中国語版。



目次はこちら

上に戻る


『東アジアにおける農村の発展と環境』

東アジア「条件不利」地域研究会,2006年3月


 島根大学の学術振興会科研グループ「地域間格差是正と環境改善の最適地域マネジメント」(代表者、保母武彦)と、 島根大学萌芽研究プロジェクト「東アジア条件不利地域における農村克服と環境対策」(代表者、藤原勉)及び 島根大学特定研究部門「寧夏プロジェクト」(代表者、廣嶋清志)が合同で立ち上げた研究会による成果図書。

目次はこちら

上に戻る