ホーム

寧夏・回民族のご家族
 本事業は、中国西部の低開発農村地域の環境改善と持続可能な発展への政策提言を目標とし、島根大学・寧夏大学国際共同研究所を拠点とする共同研究・研究交流、それを通じた人材育成を行うものです。







 寧夏回族自治区は中華人民共和国のほぼ中央に位置しており、発展著しい中国にあって立ち遅れている西部地域に含まれます。寧夏のなかでも北部は平らな灌漑地が広がる比較的豊かな地域なのですが、南部は黄土高原の山間部にあたり世界的な貧困地帯となっています。

 一方の島根県は中山間地域を多く抱え、日本における経済成長の過程で過疎・高齢化といったさまざまな問題が発生した地域です。

 本事業では、発展段階の異なった二つの条件不利地域を舞台に共同研究を行っています。

島根の山村風景










島根大学と寧夏大学、また島根大学と寧夏医学院とは既に交流協定を結んでおり、島根大学と寧夏大学との交流は20年に及びます。2004年には『島根大学・寧夏大学国際共同研究所』を共同で寧夏大学キャンパス内に設立し、共同運営を行っています。



お問合せ先 :
〒690−8504 島根県松江市西川津町1060
島根大学生物資源科学部地域開発科学科農林・資源経済学講座
伊藤  勝久